ぐるーぷ31の活動に関する過去の記事

「消費者は保険の見直し方法を理解しているか」をテーマに調査研究・意見交換会を行いました。

毎年恒例の生損保研究会ぐるーぷ31の調査研究・意見交換会ですが、今年は「保険の見直し」について調査をしました。

生 命保険は契約期間の長い商品です が、生活環境などの変化により保険も見直しが必要となることがあります。しかし、ニーズに沿った見直しではなかったなどの苦情も相談現場には寄せられてい ます。消費者は見直しについてどのように理解しているのか、保険会社とのギャップはあるのか、問題点はどこにあるのかを探るため調査研究を行い、保険会社 各社との意見交換会を開催しました。遠方にもかかわらず生損保会社10社と生命保険文化センター、生命保険協会、日本損害保険協会の方々28名が参加され ました。

まず、保険の見直しトラブルの4事例を報告しました。営業担当者の不適切な勧誘行為により納得のできない保険に転換させられた。 転換契約を取り消して、前 の契約に戻してほしいとの苦情に対して、保険会社からは契約書面には形式上瑕疵はない、公平性を保つ観点からも転換契約を取り消すことはできないとの回答 があった事例や、払済保険に変更すると特約が消滅することに対してきちんとした説明がなかったなどの事例も報告された。

一般消費者288 人に保険の見直しに関する意識調査を行ったところ、転換という言葉を聞いたことがないと答えた人は50%もおり、転換したら現在の契約は 消滅することを知っていた人は40%と少なかった。また、払済保険という言葉を聞いたことがない人は54%と多く、特約が消滅することを知っていた人は 17%と非常に少なかった。

保険各社から消費者に渡される見直し資料も転換資料であることが分かりにくかったり、情報量が多すぎたり、字が小さいなど消費者にとっては決してわかりやすい書類とは言えなかった。他の見直し方法についての情報も十分提供されていないことが分かった。

以 上の報告を受けて意見交換会を行った。保険各社からは、このようなトラブル事例は多く寄せられていて、デメリットを分かりやすく明記するなど改善に向け て取り組んでいる。苦情があれば事実確認をして非があれば8年前の転換も遡り取り消す。デメリットは説明したうえで新契約を勧めているなどの報告があっ た。トラブルを防ぐためには営業職員の分かりやすい説明は当然のことながら、読みやすくわかりやすい資料が必要だ。消費者も保険は分からないと相手任せに せず、しっかり話を聞き、理解する努力も必要ではないか。今回の保険会社への調査報告・意見交換会が保険の見直しトラブル防止に役立つことを願って閉会と した。

NPO法人「消費者情報ネット」コネット(Consumer's Information Network)は、消費者問題の専門家集団です。

テレフォンホットライン 生損保研究会「ぐるーぷ31」 葬儀研究会「パラダイス」 企業セミナー クレジット研究会 その他コネット事業

おしらせ

「外貨建て保険などの保険110番」のお知らせ

日時:令和2年7月23日(木・祝)
   午前10時〜午後3時
電話:06−6311−3456
   06−6311−3465
   06−6311−1305
問合せ先:NPO法人消費者情報ネット
     生損保研究会ぐるーぷ31
  電話:06-6311-3456
チラシはこちら

コネットが新しく「エンディングノート」を作りました

葬儀研究会パラダイスが新しく「MyEndingNote私の思いを伝えます」
を作成しました。
消費者視点でエンディングノートの活用の仕方や書き方などをお伝えする「終活セミナー」も開催しています。
消費者団体さまからのご依頼をお待ちしております。
(冊子とセミナー費用についてはご相談ください)
連絡先:06-6311-3456 コネット事務局
エンディングノートイメージはこちら

コネット第15回総会は成立・承認されました

コネット第15回総会を5月23日(土)開催しました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
少人数での開催でしたが、会員の皆様のご協力のおかげで無事成立し、
各議題についても承認をいただきましたことを報告します。
今年度も新たな目標に向けて活動を開始します。
ご指導・ご協力よろしくお願いいたします。