生損保研究会「ぐるーぷ31」

「生損保研究会ぐるーぷ31」は(一財)日本消費者協会主催の第31期消費生活コンサルタント養成講座を修了した翌年の平成5年(1993年)に発足しました。
保険関連の消費者問題に取り組んでおられたコンサルタントの先輩の指導のもとに行った「生命保険販売窓口実態調査」にはじまり、保険商品の内容や販売の実態、広告・表示などの調査・研究を行っています。その結果を各保険会社や消費者に伝えることにより、保険契約などのトラブル防止・解決を目指し消費者と保険会社のギャップを埋めるために活動しています。

ぐるーぷ31のあゆみ

第1回 1994年 生命保険を契約するとき
第2回 1995年 消費者にとって分かりやすい保険設計書とは
第3回 1996年 生命保険のよりよい見直しとは
第4回 1997年 医療関連保険に関する調査―がんの扱いをポイントにー
第5回 1998年 生存給付金付き保険について
第6回 1999年 あなたに合った保険商品選びー保険商品の新商品からー
第7回 2000年 本当に安いのかな?自動車保険(任意)より
第8回 2001年 事例を通してみる生損保の告知義務と通知義務
第9回 2002年 医療関連の保険―消費者が民間の医療保険に求める保障
第10回 2003年 変額個人年金保険って何?
第11回 2004年 その医療関連保険、本当に必要?
第12回 2005年 生命保険の個人情報保護ってどうなってんの?
第13回 2006年 契約の手引きで保険金の不払いは解消できるかシンポジウム「消費者が求める金融情報とはー保険商品を中心にー」
第14回 2007年 変額個人年金保険の販売実態と各社発行書面を見て
第15回 2008年 なんで出ないの?医療保険・がん保険の給付金
第16回 2009年 消費者視点からみた宣伝広告・表示
第17回 2010年 保険法改正にともなう健康関連の告知について
第18回 2011年 消費者は保険の見直し方法を理解しているか
第19回 2012年 海外旅行にともなうトラブルに対する保障(補償)について
第20回 2013年 消費者にとって保険の失効とは
第21回 2014年 来店型保険ショップ・銀行窓販等の代理店販売の実態
第22回 2015年 これでわかるの?保険会社のホームページ
第23回 2016年 民間の介護保険は本当に役に経つの?
第24回 2017年 ゲームで学ぼう保険の知識〜がん保険・傷害保険〜

第24回調査研究発表会報告〜消費者啓発「人生の分かれ道ゲーム」

平成29年7月21日(金)開催 エルおおさかにて、今年もぐるーぷ31の調査研究発表会を開催し、保険会社の消費者部門など27名が出席しました。これまでぐるーぷ31は、相談員の立場で、保険会社の勧誘や対応の問題点を様々指摘してきましたが、「消費者にも正しい保険知識を伝え、理解を求めなければ、保険トラブルはなくならない」という観点から、今年は初めての試みとして消費者に対する啓発「人生の分かれ道ゲーム」を提案しました。
「人生の分かれ道ゲーム」は、6人一組で行うカードゲームで、「自転車保険」と「がん保険」の2パターンを連続して行います。2つのパターンとも、はじめに保険の加入状況が決まり、その後事故や病気に遭遇する、という流れです。選択するカードは各自4枚。保険に加入する、加入しない、の選択によってその後の人生(財産状況)が変わる事を実感してもらい、残金を競いながら、保険について理解を深めます。
ぐるーぷ31は、このゲームによる消費者啓発講座を2回実践しました。
啓発講座では、ゲーム内で使われる保険用語には「難しいことばの解説」という資料をつけ、できるだけ平易なことばで、難解用語を説明しました。
また 「自転車保険」は、大阪府では昨年義務化されましたが、「義務化」と言われても実情が分からない消費者が多い中、加入状況の確認や加入方法、年齢制限などをまとめ、情報を届けました。

 
 

写真は2回の実践講座の記録から抜粋

〈人生の分かれ道ゲーム〉
1.講座の目的
・ゲームを通して保険の概念を知ってもらい、保険用語の啓発とトラブルの防止
2.道具
・専用の紙幣で各自の所持金100万円(50万円×1、10万円×3、5万円×4)
・第1カード6枚×2種類、第2カード6枚×2種類
・チームごとの結果表
・破産者カップ
3.方法
(1)一つ目の分かれ道 → 第1カード(小)で保険の加入状況が決まる。
選択肢は3つ
A フル加入/ B エコ加入/ C 加入しない
カードを引いたら、じぶんがAかBかCかをしっかり確認し、
ディーラーに保険料を支払う
(2)二つ目の分かれ道 → 第2カードで遭遇する事故や病気が決まる。
カードを引いたら、A、B、C、の該当する金額をディーラーに支払う
→残高を確認。
賠償金支払えず破産する例や、保険会社からの給付で所持金が100万円を
上回る例もある
破産しても人生は続くので、2パターンのゲームを続け、マイナス額を
残高として記載する。
4.考察
最後に各チームの最高残高と最低残高を発表し、それぞれの保険加入状況を確認する。
保険の加入で救われる例、保険をかけずに残高が多く残る例など考察

この2回の実践講座で出た質問などから、日常使うことばと保険用語との大きな乖離に改めて気づかされました。たとえば『終身』は保険では「終身保険」「終身払い」などと使われますが、日常会話で使われることはほとんどありません。また、証券に記載される保険名称と保険会社が勧めるときに使われる保険商品の愛称とが異なるため、自分が加入した保険と送付された保険証券が結びつかないという意見もありました。発表会当日は、このような意見を保険会社に伝え、保険各社の難解な用語説明についても調査結果を報告し、改善を求めました。
後半は、保険会社からも現在の高齢者に対する対応状況や啓発講座の感想などを発表してもらい、活発な意見交換を行いました。             (天辻悦子)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(ご報告)今春、ぐるーぷ31の松尾保美代表が、平成29年度の消費者支援功労者表彰で内閣府特命担当大臣 表彰されました。保険会社などに消費者視点の重要性を提言するなど、消費者の声を長年にわたり伝え続けてきた功績が認められました。企業の消費者志向の取組みを求めてきた「ぐるーぷ31」としても、その活動が評価されたものと、一同、喜びに浸っております。会員の皆さまにおかれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

NPO法人「消費者情報ネット」コネット(Consumer's Information Network)は、消費者問題の専門家集団です。

テレフォンホットライン 生損保研究会「ぐるーぷ31」 葬儀研究会「パラダイス」 企業セミナー クレジット研究会 その他コネット事業

おしらせ

第11回コネット企業セミナーのご案内

第11回コネット企業セミナーを開催します。
日 時 平成29年10月20日(金)13:30〜16:00
場 所 大阪産業創造館 5階 研修室E
テーマ 「消費者志向自主宣言は本当に消費者のためになるの?」
内 容 1部 相談事例から見る消費者志向経営
グループディスカッション
参加費 コネット賛助会員 一人1000円
その他      一人3000円
2部 意見交換会 親睦を兼ねた交流会
参加費  一人4000円
お申込みはコネット事務局まで
電話06−6311−3456 FAX 06−6366−5077
メール connet@npo-connet.org
チラシはこちら

28年度事業報告書更新しました

事業報告