生損保研究会「ぐるーぷ31」

「生損保研究会ぐるーぷ31」は(一財)日本消費者協会主催の第31期消費生活コンサルタント養成講座を修了した翌年の平成5年(1993年)に発足しました。
保険関連の消費者問題に取り組んでおられたコンサルタントの先輩の指導のもとに行った「生命保険販売窓口実態調査」にはじまり、保険商品の内容や販売の実態、広告・表示などの調査・研究を行っています。その結果を各保険会社や消費者に伝えることにより、保険契約などのトラブル防止・解決を目指し消費者と保険会社のギャップを埋めるために活動しています。

ぐるーぷ31のあゆみ

第1回 1994年 生命保険を契約するとき
第2回 1995年 消費者にとって分かりやすい保険設計書とは
第3回 1996年 生命保険のよりよい見直しとは
第4回 1997年 医療関連保険に関する調査―がんの扱いをポイントにー
第5回 1998年 生存給付金付き保険について
第6回 1999年 あなたに合った保険商品選びー保険商品の新商品からー
第7回 2000年 本当に安いのかな?自動車保険(任意)より
第8回 2001年 事例を通してみる生損保の告知義務と通知義務
第9回 2002年 医療関連の保険―消費者が民間の医療保険に求める保障
第10回 2003年 変額個人年金保険って何?
第11回 2004年 その医療関連保険、本当に必要?
第12回 2005年 生命保険の個人情報保護ってどうなってんの?
第13回 2006年 契約の手引きで保険金の不払いは解消できるかシンポジウム「消費者が求める金融情報とはー保険商品を中心にー」
第14回 2007年 変額個人年金保険の販売実態と各社発行書面を見て
第15回 2008年 なんで出ないの?医療保険・がん保険の給付金
第16回 2009年 消費者視点からみた宣伝広告・表示
第17回 2010年 保険法改正にともなう健康関連の告知について
第18回 2011年 消費者は保険の見直し方法を理解しているか
第19回 2012年 海外旅行にともなうトラブルに対する保障(補償)について
第20回 2013年 消費者にとって保険の失効とは
第21回 2014年 来店型保険ショップ・銀行窓販等の代理店販売の実態
第22回 2015年 これでわかるの?保険会社のホームページ
第23回 2016年 民間の介護保険は本当に役に経つの?
第24回 2017年 ゲームで学ぼう保険の知識〜がん保険・傷害保険〜

第25回 調査研究発表会を開催しました

 生損保研究会ぐるーぷ31は2018年7月27日(金)、大阪産業創造館において、1992年の発足から第25回目となる調査研究発表会を開催しました。
 13年前に起きた保険金等の不払い問題沈静化後、行政の消費生活相談窓口における保険関連の相談は減少していましたが、ここ数年また増えてきています。銀行窓販では高齢の富裕層をターゲットにした外貨建投資型保険の勧誘や郵便局の高齢契約者への次々販売、そしてタブレット端末を利用した契約トラブルなど、問題のある保険販売が目立っています。これら現状から問題事例を基にトラブル防止について考えるため、テーマは「相談現場における保険の今」としました。
<紹介した問題事例>
1.販売方法の問題
  1.高齢の母が加入していた保険が不自然  
  2.郵便局員に勧められ次々契約した16種の保険  
  3.不本意な転換  
  4.訪問販売で強制的に契約させられた保険
  5.クレジットカード有効期限切れで失効  
  6.長時間説明だったが契約諸費用がわからない  
  7.一時払外貨建て保険のクーリング・オフ     

2.タブレット端末利用契約の問題
  8.営業職員のなりすましが疑われるタブレット契約  
  9.アンケート署名は悪用されないか?          
  10.タブレット告知で告知義務違反          

3.損害保険契約の問題
  11.担当者が代筆を認めた自動車保険 
  12.廃車後も支払続けた保険料         

上記の問題事例の概要とトラブルになった原因、問題点の解説を行いました。発表後、保険各社からの参加者(18名)とぐるーぷ31のメンバーをグループ分けし、発表内容を中心にグループで意見を出し合い、その結果を報告してもらいました。各グループからトラブル防止策等、有意義な意見が多く出て、「参考になる」「会社に持ち帰り、話し合う」などの声も聞かれました。
 2部は、参加者から会社間の垣根を越えた忌憚のない様々な情報が飛び交い和気あいあいとした雰囲気の中で閉会となりました。

NPO法人「消費者情報ネット」コネット(Consumer's Information Network)は、消費者問題の専門家集団です。

テレフォンホットライン 生損保研究会「ぐるーぷ31」 葬儀研究会「パラダイス」 企業セミナー クレジット研究会 その他コネット事業

おしらせ

第26回 生損保研究会ぐるーぷ31 調査研究発表会・意見交換会のご案内

日時:2019年7月26日(金) 13:30〜16:30
場所:大阪産業創造館 6階会議室B
発表テーマ:一時払い外貨建て保険について
    1部 調査研究発表会 13:30〜16:30  
    2部 意見交換会    17:00〜19:00 (自由参加)

問合せ先
  電話  06−6311−3456
  メール connet@npo-connet.org

ご案内・出欠通知はこちら 

◎外貨建て保険販売に関するアンケートご協力お願い
   アンケートはこちら

第14回通常総会のご案内


日時 2019年5月25日(土)9時50分より12時
場所 大阪産業創造館 6階 会議室B
内容 通常総会  9時50分〜10時20分
記念講演会 10時30分〜12時
講師:野々山宏弁護士
テーマ:「事例で学ぼう改正消費者契約法〜活用の仕方を学ぼう〜」

チラシはこちら

一般財団法人 日本消費者協会主催セミナーのご案内

「見よう!使おう!消費者のためのユニットプライス」セミナー大阪
 ユニットプライス(単に価格表示制度)は重量や容量の単位当たりで価格を表示する方法で、価格の比較が一目で可能になるメリットがあります。
 この制度が日本に導入されてから既に40年以上経過していますが、食肉などの商品以外ではそれほど見かけないのが現状です。
 しかし、国際的にはユニットプライスのISO規格が近く発行されることもあり今一度くらしに役立つ制度として見直す時期ともいえます。
 今回はこのユニットプライスが持つメリットを、消費者の方々にあらためて知っていただく講座を開催します。

■日時:2019年2月2日(土)14:00〜16:00
■会場:大阪産業創造館 6階 会議室E
■内容:
 (!)ユニットプライスとは何か〜その消費者へのメリットとは〜
  ユニットプライス国際作業委員会 国際委員 加藤絵美さん
 (2)全国自治体の条例調査結果報告
  (一財)日本消費者協会 伊藤 健一さん
 (3)大阪市の条例について
  大阪市消費者センター 坂野 大作さん
 (4)主婦連合会の消費者調査結果では
  主婦連合会事務局長 河村 真紀子さん
■参加費用は無料
■参加申し込み  (名前・ご住所・連絡先を記載して申し込み)
 (一財) 日本消費者協会 ユニットプライスセミナー大阪係
  担当:伊藤健一さん
 電話:03-5282-5311 FAX:03-5282-5315  メール:jca@jca-home.com